手術はしたくないという人に

仮性包茎は医学的に何か問題があるというわけではありませんし、子供をつくるときに何かの障害になるというわけでもありません。そのため、仮性包茎であっても進んで治療を受けようと考える男性はそれほど多くありません。これは治療に保険が適用されないということも影響していると思われます。既述の通り、仮性包茎はそれ自体病気というわけではないので、真性包茎やカントン包茎のように治療に保険が適用されず、本格的な治療を受けるとなると高額な費用が必要になってしまいます。
ただし、仮性包茎の人が包茎治療をしたくないのかというと、そういう訳ではありません。高額な費用や手術で体にメスをいれることに不安を感じて治療を受けるのをためらっているだけなのです。「もし手軽な価格や手段で包茎を治療することができるならば包茎を克服してしまいたい」と、ほぼすべての男性は考えているでしょう。
では、格安で行うことができる包茎治療や、切らない包茎治療というものはあるのでしょうか。そうなると、やはり最初に頭に浮かぶのは包茎治療グッズでしょう。現在、包茎治療グッズとして売られている商品にはいくつかの種類があります。下着に矯正器具が装着されているパンツタイプの矯正グッズ、リングを陰茎にはめて使用するリングタイプの矯正グッズ、余分な皮を糊やテープでくっつけて固定する接着剤タイプの矯正グッズなどがよく知られています。
いずれのタイプも普段は包皮によって覆われている亀頭部分を矯正グッズを使うことでむき出しの状態にして、包皮に剥き癖をつけるのと同時に亀頭を刺激して包茎を治療するものです。こういった包茎治療グッズは手術を受けるよりもかなり安い価格で購入出来ますし、包茎治療をしていることが他人に知られずに済むというメリットもあります。
ただし、自己流の治療法となるので安全には気を使う必要があります。器具を使い過ぎるとその部分が不潔になり肌が荒れたりすることがありますし、リングタイプのものでは陰茎がうっ血をおこしてしまうことも考えられます。また、使ったからといって必ず効果が出るというものでないということも肝に銘じておきましょう。