矯正グッズのメリット・デメリット

仮性包茎の人が包茎治療をしようと思った時、その方法としては「手術を受ける」という方法と、「器具を使って自分で治す」という選択があります。どちらを選ぶかはその人の判断によりますが、どちらにもメリット・デメリットがあるので、そのことをしっかりと確認した上で治療法を選ぶようにしましょう。
手術をうけることのメリットは、何と言っても「確実に包茎を治療することができる」ということです。また、手術自体も非常に簡単なもので、現在では入院することなく、休日などを利用して日帰り手術もできるようになっています。さらに、最近は手術の技術も進歩していて、包茎の状態によって様々な手術方法が選べますし、縫合などもきれいで、手術跡がまったく分からないようにすることができます。
一方、包茎手術にもデメリットはあります。その一つが費用の問題です。包茎手術の場合、真性包茎やカントン包茎では治療に保険が適用されますが、仮性包茎の場合は自由診療となるため保険が適用されません。このため、仮性包茎の手術を受けるためには平均で20万円近い費用がかかってしまいます。
また、手術には少なからず失敗のリスクがあるということも覚悟しなくてはなりません。包茎手術は比較的簡単な手術ですが、傷跡が目立ってしまったり、手術後しばらく痛みや腫れが続くといったことがあります。また、ごく稀なことですが神経の一部を傷つけてしまって射精できなくなってしまったり、性交時の快感が鈍ってしまうということも起こり得ます。
包茎矯正器具では、このような大きな危険性というのはありません。価格も手術料金と比べると格安ですから、とりあえず試してみるには良い方法だと言えます。しかし、矯正器具にもデメリットがあります。まず、効果があるのは軽度の仮性包茎の人に限定されるということです。また軽度の仮性包茎の人であっても、使えば必ず効果が出るというものではないということです。さらに、器具を使うことで陰茎がうっ血をおこしてしまったり、包皮が炎症をおこして赤みや痒みを生じることもあります。