包茎治療にかかる料金について

包茎治療をしたいけれど料金が心配でなかなか踏み切れないという人もいるのではないかと思います。真性包茎やカントン包茎の場合は治療費に保険が適用されるため数万円という料金で包茎を治療することが可能ですが、保険が適用されない仮性包茎の場合には一般的に20万円近い治療費が必要になります。
放っておいても特に医学的に問題のない仮性包茎の治療のために20万円近いのお金を支払うのは、少しもったいないと考える人がいるのも当然でしょう。そこで「もう少し料金が安ければ包茎治療をしたいのだけれど・・・」と考えている人にできるだけ安い包茎治療法をいくつか紹介します。
まず、格安料金で治療ができる包茎専門クリニックというものがあります。先ほど、仮性包茎の治療には20万円程度の料金がかかると言いましたが、最近は10万円以下で治療のできるクリニックもいくつか出てきています。
ただ、こういったクリニックを利用するのは注意が必要です。中には企業努力で格安の治療費を維持している良心的なところもありますが、一方で技術が雑だったり、保証がなかったりと、トラブルに繋がる可能性があるクリニックがあるのも事実です。ですから、料金の安さだけで選ぶのではなくて、評判なども参考するようにしましょう。
軽度の仮性包茎ならば包茎治療器具を使うという選択肢もあります。最近ではいろいろなタイプの治療器具が販売されており、料金も一万円程度のものが多いので、手術をうけることを考えると格安です。
治療グッズとして代表的なものとしては、陰茎の根本の余分な皮を接着剤やシールを使って固定して剥き癖をつけるものや、下着に装着された矯正アイテムを使って剥き癖をつけるパンツタイプのもの、陰茎にリングをはめて亀頭を露出させるタイプのものなど種類も様々です。
ただし、こういった包茎治療器具は誰にでも必ず効果が出るという性質のものではありません。軽度の仮性包茎の場合に限って、ある程度効果が期待できるといった程度です。確実に包茎を治療したいというならば手術を受けるのが一番でしょう。