何悩んでいたんだろう、包茎治療で

私は、数年前まで温泉など裸の付き合いする場所には、勇気をだして行けなかったんです。
裸の付き合いが嫌いだとかではないんです。
ただ、私の大事な部分が皮を被っている状態で、勃起する時だけ、皮がめくれる程度の包茎なんです。
友達にそんな包茎の姿を見られたくなくて、裸の付き合いの場所を避けてきました。
もちろん、彼女なんてできません。
できないと言うより、私自身から避けてしまうんです。
そりゃ、そうですよね。
自分の彼氏が、包茎なんて見たくもないし、聞きたくもないだろう…そう思ってしまい、彼女ができる状態でも断ってきました。
そんな私が、包茎治療をする事になったんです。
包茎治療をするきっかけは、私の緊急入院で手術をすることになりました。
腸を切る手術なので、大事な部分の毛を剃る為に裸にならないといけません。
私は、しかたがなしに看護士の女性の前で裸になりました。
毛の剃る間、私はずーと恥ずかしくてしかたがありませんでした。
私の包茎姿を見て、どう思っているんだろうと心臓がバクバクしてました。
私は、そのような恥ずかしい思いをしたくなくて思い切って包茎治療をする事にしたんです。
最初は、包茎治療をするのが怖かったんですが、先生方が、ちょいちょいと手術をしてくれて早いこと終わりました。
包茎治療をしてからは、私は変わりましたね。
温泉などで裸になっても恥ずかしくないんですよね。
もう堂々と前を押さえないで歩けるんですよ。
なんか心も体も大きくなったて感じです。
こんなに気分がいいのなら、包茎治療を早いことしていたら良かったと思いました。
今では、彼女もできて楽しんでいます。